車載ネットワーク概論(セット講座)

⾞載向け組込みシステムの開発業務に必要な⾞載LANの知識について広く習得するための講座です。

特に、使⽤されることが多いCANについてはプロトコルを詳細に学ぶとともに、Raspberry Piやプロトコルモニタの実例により理解を深めます。

本講座の受講料は33,000円(税込み)です。このセット講座を購入すると「車載ネットワーク概論」(全4章)に含まれるすべての動画を視聴することができます。

※ テキストは登録された住所に郵送でお送りいたします。また、ブラウザ上で閲覧することもできます(ダウンロードや印刷をすることはできません)。


【総動画時間】
約6時間


【受講対象・予備知識】

・車載ソフトウェアの開発に関わる技術者の方など、車載LAN(CAN/LIN)を習得されたい方

・ネットワークの基本的概念を理解し、C言語プログラミングの経験がある方


【到達目標】

・自動車エンジンの主な制御要因、その制御が電子化/マイコン化されていった経緯、それらを実現する様々なセンサとアクチュエータの種類、⾞載ネットワークの必要性を説明できる

・CAN通信規格の基本を信号レベルとプロトコル(フレーム)レベルで理解し、多数のノード間で統制の取れた通信ができるためのしくみを説明できる

・CANコントローラのレジスタ操作による制御方法を理解する


【教材・学習環境 他】

・テキストあり

・講座紹介動画あり

【目次】

1章 車載システムの概要

 1.自動車電子化小史

 2.自動車における電子制御

 3.電子制御の要素技術

 4.車載サブシステム

 5.車載システムの課題

 

2章 車載ネットワークの概要

 1.分散並列制御と車載ネットワーク

 2.車載ネットワークの必要性

 3.車載ネットワークの種類

 4.車載ネットワークの歴史

 5.車載ネットワークシステム例

 

3章 CAN:Control Area Network

 1.CANの概要と規格

 2.CANバスとビットの伝送

 3.CANフレーム

 4.アービトレーション

 5.エラー処理

 6.CANの1ビットと同期

 7.フレームのフィルタリング

 

4章 CANの実験

 1.マイコンとI/O

 2.Raspberry Piによる擬似

  車載ネットワーク

 3.cantoolによる通信実験

 4.擬似ECUによる通信実験

 5.CANコントローラの制御方法

 6.CANコントローラのレジスタ

 7.CANコントローラの制御実験

 

5章 LIN:Local Interconnect

Network

 1.LINの概要

 2.OSI参照モデルとLIN

 3.LINプロトコル概要

 4.LINプロトコル詳細

 5.スケジュール


6章 その他の⾞載ネットワーク

 1.FlexRay

 2.ASRB


※すべての動画視聴後にアンケートが表示されますので、ご回答のご協力をお願いいたします

購入確認画面に進む(クレジットカード) 購入確認画面に進む(コンビニ決済) 購入確認画面に進む(銀行振込)

視聴期限は購入後180日間です。

購入済の方は、ログインすると視聴できます
販売開始 配信開始

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • テキスト_車載ネットワーク概論.pdf(3.79 MB) 

カテゴリ

このセットの動画一覧

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる